四神相応 – megamismile

四神相応

『四神相応(しじんそうおう)』は、古来中国から伝わった風水の一種です。四神は古代中国で誕生し、日本へ伝えられたもので、東は青龍、南は朱雀、西は白虎、北は玄武という神獣がそれぞれ天の四方の方角を守っているといわれています。四神を配した土地は風水では最良の地とされ、邪気を遮断し幸せを呼び込み、健康運もよいといわれます。

また陰陽五行説を基に中央に「麒麟」や「黄龍」を取り入れることもあり、その場合は五神(ごしん、ごじん)あるいは五獣(ごじゅう)と呼んでいます。

◆4つの方位を司る神
中国から日本に伝わった四神獣は、もともとは邪気を払い、よりよい環境を整えるために祀られたもの。東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武の四神獣をそれぞれが司る方角に置くことによって、悪霊を追い払いさまざまな福徳を授けてくれると伝えられています。

東の青龍
東の青龍は、東の河川に住み太陽の昇る東方を守ることから、金運を呼び込み商売繁盛をもたらすとされています。また「龍」は龍神とあがめられているように、とてもパワフルなので災いを振り払って成功、勝利をもたらしてくれます。

南の朱雀
南の朱雀は、5色の羽を持ち、火を操る美しい鳥といわれる不死鳥です。南の低地に溜まる大きな池に降り立ち、その大きな翼で、降りかかる災いや悪霊を追い払い、幸福と家運繁栄をもたらします。また人気運にも関係があるので恋愛が成就するともいわれます。

西の白虎
西の白虎は太陽の沈む西方を守る後門の守護神。西の道を走り、睨みを利かせて邪気を遠ざけ、幸せを呼び込むとされています。中国では虎は百獣の王と伝えられ、虎が500年生き抜くと霊力を得て白虎になるとされているので、白虎は特別な神と考えられています。

北の玄武
北の玄武は北の大地にある大きな山で逆風の盾となり、繁栄と長寿をもたらすとされています。玄武は硬い甲羅を持つ亀と、それにまとわりついた蛇が一体となった姿をしていることから、力強く運を切り拓いて繁栄するといわれています。

このように、四神の相応する土地に都市や家を建てれば気の流れが整い、幸に恵まれるとし、土地選びの目安にされてきたのです。

四神の起源は古代中国の天文思想で、二十八宿から始まり、さらに七宿ずつに分けた星座が龍・虎・鳳凰・亀の4つの動物の姿に見えたといいます。そこに五行説の五行と方位、色が結びつけられ、中央を守護するものとして黄龍または麒麟を加わり五神(五霊)になりました。

麒麟:土=中央=黄
青龍:木=東=青
白虎:金=西=白
朱雀:火=南=赤
玄武:水=北=黒

麒麟は中国では「仁獣」とも呼ばれ、優れた君主が統治している時代にのみ姿を見せるという平和のシンボルとされています。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です